6.毛布を手洗いで洗って見る!

自宅ですすぎたいのだけど、洗濯チャンスの音量が小さくて毛布が入らない…と思っているクライアント、大丈夫です!見切ることはありませんよ。
「それでも、こんなにも大きくて厚手なのに」と思われますか?
こういう場合は、バスタブを通じて手洗いをすればいいのです。いえ、正確には乗り物で洗うんですけどね。
但し、気象の良い太陽を選んで行った方がよいと思います。
<下取り付け>
1.毛布に付いている洗濯タグをみて洗濯連絡をチェックする。
2.毛布に付着している、糸クズ・毛髪・ホコリ・皮脂などのシミがあったら落としておく。
3・バスタブをキレイに洗っておく、バケツや洗面箱などに洗剤を溶かし洗濯液を作っておく。フレキシブル剤も同様に用意しておくという楽ちん。
<本洗>
1.毛布を、ジャバラ(屏風)状に折りにたたむ。(洗濯機にはいるくらいの射程でたたんで出向く)
2.ジャバラ状の毛布をシミがあるほうが外部になるみたい、2つ折りとしてバスタブに押し込める。
3.洗濯液を毛布の上から流しかけ、毛布の先から先を何度か乗り物で踏みながら洗う。
  (足場が悪いので転ばないように十分に注意してください。また素肌が弱いクライアントはおバスブーツなどをご需要下さい)
4.洗濯液を捨てて、すすぎはシャワーをかけながら踏み洗浄をする。
5.改めて毛布が浸るほど水を見せ、フレキシブル剤水を回しかけまんべんなく乗り物で広める。
6.水を抜き、乗り物で踏みながらモイスチャーを押し出して行く。
7.バスタブの先に毛布をかけ水切りをする。
8.水が切れたら毛布を乾かす。事故車買取